maRkの

キャンペーンだとか、Chess.appについてのなにか

ブログを書きたくなる時

Clipボタン

今週のお題「私がブログを書きたくなるとき」

Twitter といった、簡易投稿なサービスが登場してから、心に思いついたものがあった場合は、そっちの方に行くことが多くなったのは事実である。
Twitter は一回の投稿に文字数制限があるが、ノート系のサービスでは、Twitterより制限はゆるかったりするので投稿へのハードルは低くなっている。

それでも、ブログで何か書き留めたいという時の理由の前に、まず、ブログは「ホーム」、簡易投稿サービスは「アウェイ」のような感覚があるように思っている。
無論このことはすべての人に当てはまるというものではない。Twitterのようなものをメインで活動されている人にとっては全く逆のイメージなるかと思う。
自分はCMS入れて運営してるものもあって、サービス利用よりは、コンテンツが自分の管理下にあるというイメージが強かったりするので。

自分管理のブログには、少ないながらも定期の購読者があって、SNSでは一般に follow とか言われるけれども、自分の拙い内容のブログでも定期に読んでいただいてることには、自分から見ると、fan (羽じゃない方)であると。

巧い例えが思いつかないのでこの辺で締めようと思いますが、自分とそのfanに向けて、という意味でブログであげた方がいい時がブログに書きたくなるーーってことでいいのでないでしょうか(自分のケースでは)。

で、このブログはもともと「はてな」のキャンペーン応募用に作ったものですので、「はてな」で何かイベントやっていただかないと、きっかけがないんですよ、実のところ

広告を非表示にする