maRkの

キャンペーンだとか、Chess.appについてのなにか

Evernote連携 貼付けテストぉ

Clipボタン

One fall morning I went to Sherlock Homes' rooms on Baker Street.

     ある秋の朝、わたしはベーカー街のシャーロックホームズの部屋を訪れた
He had a visitor. 
     訪問者がいた
A very fat old man with bright red hair and a red face.
     ずいぶん体格のいい、真っ赤な髪と赤い顔立ちの老人である
  "Come in, Watson," Holmes said.
    「ワトソン君、はいりたまえ。」 ホームズが言った
Then he said to the red-headed man, "Doctor Watson is a very good friend.  He has helped me a lot.  Watson, this is Mr. Jabez Wilson."
     それからホームズは赤毛の男に言った。「ワトソン先生は、とてもよき友さ。彼は僕をたくさん手助けしてくれる。ワトソン君、ヤベツ・ウィルソンさんだ。」
  Mr. Wilson and I said  hello to each other.
     ウィルソン氏と私は互い挨拶した。
  Then Holmes said, "Mr. Wilson, please begin your story again for Doctor Watson."
     そしてホームズは「ウィルソンさん、もう一度ワトソン先生にあなたの話をはじめてください」
 Mr. Wilson took a dirty old newspaper out of his his pocket.
      ウィルソン氏は、汚れた新聞紙をポケットから取り出した。
He was looking for an ad in it.
     彼はそこから広告を探していた。
I was watching him.
     私は彼をみつめいていた。
Holmes was watching me.
     ホームズは私を見つめていた。
  "You're trying to be a detective, Watson!" Then  he laughed.
     「ワトソン、探偵をしてみるかい!」 そして彼は笑った
"I know all about Mr. Wilson. He was once working man. He has been to China.   And recently he writes a lot."
       「私はウィルソンさんのすべてを知っている。むかし労働者だった。中国に行ったことがある。そして最近は多くのことを書いている」
 
広告を非表示にする